プロフィール

notch

Author:notch




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


最近の記事


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢日記(20120807)

「ユニットバスを入れ替えて下さい。」
夜間に入居者から呼び出され、訪問した途端、開口一番でこう言われた。
世の中全体が荒んでいるせいなのか、最近不躾な依頼や要望が増えている。
先日など、エアコンの効きが悪いから家賃を半分しか払わない、という強者を相手にしたばかりだ。

玄関元はとても暗く、室内は全て消灯している事がすぐにわかった。
おまけに前面道路の街路灯の間隔が空いているのか、ほとんど入居者の顔は確認できなかった。
それにしてもユニットバスを入れ替えろとは、どういう事か。
素材のFRPは、なかなか補修が効かないのだが、硬い物を落とすと案外簡単にヒビが入る事がある。
その場合はもちろん入居者側の負担となるのだが、同時に借家賠保険の対象ともなる。
いずれにしても不動産屋泣かせの状況に変わりはないのだが。

とりあえずどんな状態なのかを見せて欲しい旨を伝えると、入居者はコクリと頷き、身体を寄せ、どうぞと僕を促した。
一瞬、その3つの動作が操り人形の様に、思えて気味が悪かった。

単身用の狭い1Kなので、玄関に入るとすぐにキッチンがあり、脱衣所も無くいきなりユニットバスのドアがある。
「あの、電気…」
と言う僕の声と、玄関ドアの閉まる音が重なった。
反射的に身構え、空室だった時の間取りを脳裏に呼び出す。
電気スイッチはここにある!
左手が3連のスイッチに触れ、一気に目の前が真っ白になり、どこかの換気扇の駆動が始まった。
そして、視界が回復すると同時に、僕は一瞬にして全ての状況を察知する事となった。
入居者の身体は、頭の先から爪先まで鮮やかな赤い斑点に彩られ、相対して青白んだ顔が強調されていた。
手には…やはりお約束の「鋭利なそれ」が持たれていた。
ユニットバスは凄惨を極めるのだろう…。

そこで僕は目を覚ます。
スポンサーサイト

夢日記(20110408)

その貸家に住み始めてまだ間もないが、立地が良い為か、しょっちゅう様々な来客があった。

今日は妻と買い物をし、両手にたくさんの荷物を抱えながら、帰宅した。
窓からは灯りがもれていた…。
節電しなくてはならない時期なのに、どうやら点けたまま外出してしまったらしい。
玄関ドアのシリンダーに鍵を挿し込み、右に90度回転させると、デッドボルトが引っ込む音がした。
玄関ドアを開くと、中で人の気配がした…僕の背筋に緊張が走った。
次の瞬間、僕の目の前をエプロン姿の見知らぬ女性が横切った!
手にはグラタンの入った大皿が持たれていた。
そしてそのグラタンが運ばれた先には、これまた見知らぬ中年男性が座っていて、奥の部屋からは数人の女の子が遊んでいる声がしていた。
マンションでは、隣や違う階の玄関と自宅を間違える、という話を聞いた事がある。
が、ここは貸家…一戸建てなのだ。
わざわざ表札を確認するまでもない。
不思議なのは、こうして玄関で唖然としている僕らの事を、彼らは全く見ようとしない事だ。
試しに一歩、恐る恐る前に進んでみた。
遮蔽物が無く、完全に中年男性の視界に入っている…が、全く気付いていない様だ。
僕らはそろりそろりと部屋を進んで行った。
すると、奥の部屋にいた…女の子3人がドタドタとこちらにやって来た。
グラタンを確認するなり、歓喜の声を上げながら席に着いた。
グラタンを囲む一家団欒の図…我が家を完全に侵されていながらも、なぜか悪い気はしなかった…。
だが…、本当に見えていないのだろうか…。
先程、あれと思う瞬間があった…。
目をつぶり、その瞬間をまぶたの裏側に再生してみた…。
そう、駆けてきた女の子達は、僕らにぶつかる事なく…避けながら…駆け抜けて行ったのだった…!
目を開くと、彼らの…10個の濁った視線が、一斉にこちらを向いていた…。

そこで僕は目を覚ます。

夢日記(20100815)

石畳の町並み。
その外溝をなぞる様に敷かれたレール。
行き交う赤い鮮やかな和服の女達。
歩く僕の耳に、汽笛の音が聞こえた。
そして振り返るよりも早く聞こえた2回目の汽笛は、1回目のそれよりも長かった。
脳内で「警戒」を促す物質が湧いて出た。
すぐ真横の監視小屋らしき簡易建物の窓から、女が僕に向かって叫んだ。

「ポ・イ・ン・ト・を・切・り・換・え・て!」

瞬時に、今おかれている状況を理解した。
だが、レールのポイントなど当然切り換えた事がない。
アニメやゲームでは、この付近にレバーがあるはずだが…。
取っ手の尖端が赤いレバー。
ところがそれらしき物は見当たらなかった。
汽車から3回目の汽笛が発せられた。
聴覚だけで、もうすぐそこまで汽車が迫っている事がわかった。
なんとか動転する気持ちを押さえ付け、視線を四方に走らせた。
一ヶ所、石畳の継ぎ目から突起する直方体にピントが合った。
これだ。
突起物を踏むと、ポイントが切り換わり、直後に汽車がけたたましい音を轟かせながら駆け抜けた。
無事に正しい方向…町の中心の方向…へと走り去った。
僕はこの安堵の気持ちを簡易建物の女と分かち合おうと思い、視線をそちらの方へ移した。
よく見ると、その女も赤い和服を来ていた。
だが、女の顔は召し物とは対照的に蒼白で、視線は元汽車が来た方角へ釘付けだった。
僕はさらに視線を移し、信じられない物を見た…!
流線形の白く輝く車両が、もの凄い勢いで迫っていた。
あっという間にそれは僕の横…ポイントを通過し、汽車を猛追し、追いついた。
爆発の炎が…次に煙が舞い上がった。
そこで僕は目を覚ます。

夢日記(20100225)

コノ会社に勤めて今年で10年になるが、コイツはいったい誰だろう。
知っている様で知らない同僚と、知らない町を歩いていた。
ほどなく管理物件に到着した。
知らない町に管理物件があるというのも少し変な話だが、とにかく感覚で、ココは当社が管理している賃貸建物だった。
同僚は

「じゃあ今日もヤリますか♪」

というやや長めの言葉を、身振りと表情だけで僕に伝えた。
途端に僕の脳からは「不快」を感じさせる分泌物が溢れた。
同僚はソノ貸室のインターホンに向かい…押すが早いか…猛ダッシュで逃げ出した!
いや、逃げながら押した…だったかもしれない。
どっちでもイイ。
目前のドアが開いたらアウトだ。
急いで踵を返し、僕も同僚の後を追った。
結果として僕は「管理物件をピンポンダッシュ」という不本意な偉業を成し遂げる事になった…。
後方でドアが開く音と、前方で同僚が2件目のピンポンをする音が重なった。
こんなのがバレたら、大問題だ。
早くコノ状況から脱却しなければ。
だが、前方の同僚がついに入居者と鉢合わせた。
僕は急いで方向転換をし、広いアスファルト敷の駐車場に入った。
どこかに身を隠したいのに車が1台も停まっていない。
ソレどころか、ソノ駐車場には…終わりが無かった。
つまりソノ先には、地平線がキレイな直線を描いていた。
そして地平線の方向から、スピーカーによる女声のアナウンスが流れた。
「現場助勢罪…現場助勢罪…!」
大いに反論したい気分だが、対象の姿が見えなかった。
「現場助勢罪…現場助勢罪…!!」
さっきよりも大きくなった。
何かが近付いてくる事が直感的にわかった。
「現場助勢罪…現場助勢罪…ゲンバジョセイザイ!!!」

そこで僕は目を覚ます。

夢日記(20100224)

僕は、どこか知らない人の家の子供で、ソコには室内に大きな犬がいる。
ゴールデンレトリバーというヤツだ。
ログハウスの暖かな色調と、電球色のダウンライトが相まって、そいつの毛並は上品に輝いている。
そして僕はそいつの良き理解者であり、世界で唯一の「犬語マスター」として、愛犬家・ブリーダーから注目を集めている存在だ。
僕はそいつの言っている事が完全に言語として聞こえ、語尾が「だワン」になる事は…ない。
逆に、そいつも僕の言う事が100%わかる。
今に始まった事ではないのだけれど、楽しくなった僕は、そいつにここぞとばかりに質問を投げかけた。

ドッグフードの味は?
首輪は苦しくない?
人間は好き?

スムーズな応答が出来る事に嬉しく思い、少し難しい質問をしてみたくなった。

ICチップを埋め込まれる同胞について、どう思う?

談笑の雰囲気が一転し、そいつの眼光が鋭く光り…視界が突如ブラックアウト。

そこで僕は目を覚ます。

夢日記(20090324)

昔、映画で観た地中を這う巨大な生物…それが今にも出て来そうな荒野に立っていた…。
記憶によると、主演はケヴィン・ベーコン。
岩やウッドデッキの上にいる分には、危険はほとんど無い…確か。
だが、地面に降りた瞬間に、ソレにバクリとやられるやつだ。
が、僕は地面に立っていた。
すると突然、近くの地面の一部が…まるで液体が沸点に到達したかの様に…ボコボコと音をたてて盛り上がった。
その先端が裂け、しかし地面から出てきたそれは、直径15cm程の半透明な多足生物…が次々と這い出てきた。
尺取虫の要領で、しかし驚異的な跳躍力で、僕とは別の方向一点に向けてソレらは突進していく。
顔を上げ、僕の眼球が捉えた先には…!!

そこで僕は目を覚ます。

夢日記(20080920)

どこか郊外の有料道路、片側1車線の、妙に曲がりくねったトンネルを走っていた。
オレンジ色の電灯が規則的に並んでいた。
すれ違う対向車は皆、その電灯の光を受け、グレーに見えた。
多くの色を無色に変換してしまうオレンジ色の電灯の事を、なんとなく…ぼんやり考えていた時、僕の運転する車の右側を、何かが追い越して行った。
青いノースリーブを着た、ショートカットの…若い女性だった。

女性だった!

反射的にスピードメーターに目をやる…。
70km/hを指していた…。
その姿は車の20~30m先で数秒間、高速で足踏みをし、カーブの先へ消えて行った…。
このカーブを抜ければ、後ろ姿が見えるかもしれない。
しかし進めど進めどカーブは終わらない。
アクセルを踏む力が徐々に強くなり、それに呼応して車体が深くロールする。
タイヤと路面の摩擦が、物理法則の限界点に達しようとした時、再び前方に走る女性の姿が見えた。

今度は2人…。

まもなく追い着こうとしたその時、2人は立ち止まりこちらを振り返った…。

気付くと僕が乗っていた車はどこにも無く、生身の状態で2人と対峙していた…。
相変わらず2人の足は高速で動き続けているが、もうそんな事はどうでもいい…。
そして、2人はさも愉快そうに嘲笑いながらこちらを見据え…。

そこで僕は目を覚ます。

 | BLOG TOP |  NEXT»»