プロフィール

notch

Author:notch




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


最近の記事


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOYA


小金井の土地取引前調査の為、市役所の生産緑地の窓口に行ったら、ゴーヤの種を配っていました♪
グリーンカーテンで節電の夏を乗り切ろうという事だそうです。
まぁ間に合わないんですけどネ。
ジローも喜ぶと思って、頂きました~☆
スポンサーサイト

たたきつけぼう


帰宅したら、玄関にこんな物が…(笑)。
幼稚園の時、お花が大好きだったジローが不良に…不良に…ジロぉぉぉ…!!

33

100531_1803~01
今日で33才になりました♪
いろんな意味で、今とても燃えてます!
正直、自分でもこんなに好スタートを切れるとは思っていなかったのですが、とにかく頑張りますヨ、33才!!
目指せホームラン!?

雲め…


曇ってて肉眼では見えなかった…。
のでネットで生中継☆
どんどん欠けてく~。
カメラ頑張れ!

太陽⇒地球⇒月


今宵の天体ショーがあと2時間ちょいで始まります。
コレから食が始まると思うと、ドキドキでぃす♪

飲んべえ


コノ1番上の曲が社長のお気に入りなので、自分メモ(涙)。
次回ちょうど良いタイミングでリクエストすべし。
組織ん中で頑張れサラリーマン。

先日、お客様に
「おたくの社長さんに飲んべえ治してもらって、たすかったわ♪」
と言われ、何の事やらさっぱりわからず、しかも飲んべえ全く治ってねぇし、とココロの中で叫んでみたりしましたが、後日、社長が直したのが地震で壊れた「門塀(もんべい)」と発覚(笑)。
謎は解けた!!(←アホ)

はぁ…。

一等賞


マル&ジローが幼稚園の時から、運動会の日は目立つ物を着けさせていました。
今年は、お母様が買って下さったブルーのハイソックスのおかげで、シャッターチャンスを逃さずに済みました♪
マル&ジローには、徒競走で一等賞を獲ったら好きな本を買ってあげる約束をしていました。
結果を出したのは、ジロー!
普段では見せない異常なスパートで、ダントツ一等賞を獲りました!!
よくやった!!
マルは連覇なりませんでしたが、来年に期待☆

クギパンチ


ある晩、チソチソチームで風呂に入っていた時、マルがジローを「クギパンチ」なる技で泣かせた。
僕は髪を洗っていたので詳細はわからないが…「クギパンチ」…めちゃくちゃ痛そうである。
「お父さんにもやってみ?」
とウデを出したら、やはりできないらしい。
コノちょっとプクプクしたカワイイ拳から繰り出される「クギパンチ」…だがしかし、5年後には避ける方向で検討したい。

習字道具


3年生のジローは、今年から授業で習字道具を使います♪
という事で、先日学校から習字セットが納品されたのですが、寝る時、ジローはソノ習字セットを抱いて寝ていたんだとか☆
カワい過ぎてドキドキしますなぁ(笑)。

夢日記(20110408)

その貸家に住み始めてまだ間もないが、立地が良い為か、しょっちゅう様々な来客があった。

今日は妻と買い物をし、両手にたくさんの荷物を抱えながら、帰宅した。
窓からは灯りがもれていた…。
節電しなくてはならない時期なのに、どうやら点けたまま外出してしまったらしい。
玄関ドアのシリンダーに鍵を挿し込み、右に90度回転させると、デッドボルトが引っ込む音がした。
玄関ドアを開くと、中で人の気配がした…僕の背筋に緊張が走った。
次の瞬間、僕の目の前をエプロン姿の見知らぬ女性が横切った!
手にはグラタンの入った大皿が持たれていた。
そしてそのグラタンが運ばれた先には、これまた見知らぬ中年男性が座っていて、奥の部屋からは数人の女の子が遊んでいる声がしていた。
マンションでは、隣や違う階の玄関と自宅を間違える、という話を聞いた事がある。
が、ここは貸家…一戸建てなのだ。
わざわざ表札を確認するまでもない。
不思議なのは、こうして玄関で唖然としている僕らの事を、彼らは全く見ようとしない事だ。
試しに一歩、恐る恐る前に進んでみた。
遮蔽物が無く、完全に中年男性の視界に入っている…が、全く気付いていない様だ。
僕らはそろりそろりと部屋を進んで行った。
すると、奥の部屋にいた…女の子3人がドタドタとこちらにやって来た。
グラタンを確認するなり、歓喜の声を上げながら席に着いた。
グラタンを囲む一家団欒の図…我が家を完全に侵されていながらも、なぜか悪い気はしなかった…。
だが…、本当に見えていないのだろうか…。
先程、あれと思う瞬間があった…。
目をつぶり、その瞬間をまぶたの裏側に再生してみた…。
そう、駆けてきた女の子達は、僕らにぶつかる事なく…避けながら…駆け抜けて行ったのだった…!
目を開くと、彼らの…10個の濁った視線が、一斉にこちらを向いていた…。

そこで僕は目を覚ます。

 | BLOG TOP |