プロフィール

notch

Author:notch




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


最近の記事


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢日記(20080920)

どこか郊外の有料道路、片側1車線の、妙に曲がりくねったトンネルを走っていた。
オレンジ色の電灯が規則的に並んでいた。
すれ違う対向車は皆、その電灯の光を受け、グレーに見えた。
多くの色を無色に変換してしまうオレンジ色の電灯の事を、なんとなく…ぼんやり考えていた時、僕の運転する車の右側を、何かが追い越して行った。
青いノースリーブを着た、ショートカットの…若い女性だった。

女性だった!

反射的にスピードメーターに目をやる…。
70km/hを指していた…。
その姿は車の20~30m先で数秒間、高速で足踏みをし、カーブの先へ消えて行った…。
このカーブを抜ければ、後ろ姿が見えるかもしれない。
しかし進めど進めどカーブは終わらない。
アクセルを踏む力が徐々に強くなり、それに呼応して車体が深くロールする。
タイヤと路面の摩擦が、物理法則の限界点に達しようとした時、再び前方に走る女性の姿が見えた。

今度は2人…。

まもなく追い着こうとしたその時、2人は立ち止まりこちらを振り返った…。

気付くと僕が乗っていた車はどこにも無く、生身の状態で2人と対峙していた…。
相変わらず2人の足は高速で動き続けているが、もうそんな事はどうでもいい…。
そして、2人はさも愉快そうに嘲笑いながらこちらを見据え…。

そこで僕は目を覚ます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chronicleofstarlets.blog61.fc2.com/tb.php/566-0231582f

 | BLOG TOP |