プロフィール

notch

Author:notch




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


最近の記事


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙への片道切符

SN1994D_t.jpg
『国立科学博物館』に行ってきた。
人類の英知の集結がソコにはあって、なのに宇宙の全てを解明する事は叶わなくて、ソレでも少しずつ確かに人類は進んでいた。

例えば今、宇宙に行く為の片道切符が手に入ったとする。
妻子ある身、99.999%の確率でヤフオクのページを開くだろう。
残り余った確率の方の自分を想像してみる。


360°透明に加工された、体ひとつ入るだけの流線型のポッドに寝そべり、発射の時を待つ。
もう会えなくなる人達の事を思い出す。
走馬灯とはまさに。
だが、なぜだか涙は出ない。
悲しみよりも、宇宙へ還る事に精神は高揚している。
そう、僕らは宇宙の物質の一部なのだ。
発射の時。
目を瞑り、Gを全身で受け止め、目を開けると、ソコは映像でしか見た事が無かった世界。
一刻毎に地球は遠ざかる。
無音の空間、あるのは闇と、無数に瞬く光。
「装置」のおかげで身体の衰える速度は遅く、時間の感覚が無くなってからもう何年も経つ。
あこがれの木星の大きさに驚嘆し、海を内包した氷の星エウロパの上空へ。
生命の可能性を願い、さらにさらにその先へ…。


自分が生きている間に、科学はどこまで進歩するのだろう。
せめて…数分でも良いから…宇宙の空間へ飛び立ちたいと心から思った。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chronicleofstarlets.blog61.fc2.com/tb.php/605-a1950d4b

 | BLOG TOP |