プロフィール

notch

Author:notch




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


最近の記事


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリコミ


今から重篤滞納者(♂)宅を訪問です。
居留守したら解錠して引っこ抜くのが今日のミッションですテヘ。
ところが協力してくれる連帯保証会社の担当がまさかのウッカリ忘れ…50分後に来るというので、仕方なくアパートを張り込む事になりました。
張り込みと聞くと、すぐに牛乳とアンパンを連想してしまう悲しい世代ですが、今日はあえてサイダーとロングデニッシュでキメてみましたよ。
あ~早く来い~。

キータン


先月から家族の仲間入り♪
レオパードゲッコーのキータンです☆
昨年9月、生ハムとの辛い別れ以降、ペットは欲しいものの敬遠してたのですが、妻が知人のペットショップで一目惚れをしてきたのがキッカケでした。
そう、何かのキッカケが欲しかったんだと思います。
もともと爬虫類バッチコイの僕のココロはすぐに固まりました。
おとなしくて控え目でビビりんw
きゃわい~☆
(苦手な方ゴメンナサイ!)
notch家の新しい家族、ヨロシク~♪

夢日記(20120807)

「ユニットバスを入れ替えて下さい。」
夜間に入居者から呼び出され、訪問した途端、開口一番でこう言われた。
世の中全体が荒んでいるせいなのか、最近不躾な依頼や要望が増えている。
先日など、エアコンの効きが悪いから家賃を半分しか払わない、という強者を相手にしたばかりだ。

玄関元はとても暗く、室内は全て消灯している事がすぐにわかった。
おまけに前面道路の街路灯の間隔が空いているのか、ほとんど入居者の顔は確認できなかった。
それにしてもユニットバスを入れ替えろとは、どういう事か。
素材のFRPは、なかなか補修が効かないのだが、硬い物を落とすと案外簡単にヒビが入る事がある。
その場合はもちろん入居者側の負担となるのだが、同時に借家賠保険の対象ともなる。
いずれにしても不動産屋泣かせの状況に変わりはないのだが。

とりあえずどんな状態なのかを見せて欲しい旨を伝えると、入居者はコクリと頷き、身体を寄せ、どうぞと僕を促した。
一瞬、その3つの動作が操り人形の様に、思えて気味が悪かった。

単身用の狭い1Kなので、玄関に入るとすぐにキッチンがあり、脱衣所も無くいきなりユニットバスのドアがある。
「あの、電気…」
と言う僕の声と、玄関ドアの閉まる音が重なった。
反射的に身構え、空室だった時の間取りを脳裏に呼び出す。
電気スイッチはここにある!
左手が3連のスイッチに触れ、一気に目の前が真っ白になり、どこかの換気扇の駆動が始まった。
そして、視界が回復すると同時に、僕は一瞬にして全ての状況を察知する事となった。
入居者の身体は、頭の先から爪先まで鮮やかな赤い斑点に彩られ、相対して青白んだ顔が強調されていた。
手には…やはりお約束の「鋭利なそれ」が持たれていた。
ユニットバスは凄惨を極めるのだろう…。

そこで僕は目を覚ます。

母校で模試


今日はマルの模試に付き添っています。
妻が模試場所を僕の母校に決めてくれた為、プチタイムスリップ中です。
16年前に制服を着て歩いていた高校の通学路を、反抗期中の息子と言葉少なに歩く事になろうとはw
当時の自分が知ったら、ビックリするでしょうね。
ん~、懐かしい。。。

満席予定


東京中のウサギマークの不動産屋さんが、今日ここに(半笑)。
何年か前にも「法定研修会」の事は書きましたが、やはり今回も異様な雰囲気でっす…。
イベンターさんが大声で
「本日満席予定ですので詰めてお掛け下さい~。」
としきりに叫んでいます。
ヤメテクレー。
そうそう、水曜日という事もあり、私服のファッションショーも堪能出来る様になっています。
あぁ…会場中に不動産屋さんの息が充満していくー。

休部


2泊3日の野球合宿に行ってきました。
今年は山中湖でした。
6年生のマルは今年が最後の合宿で、同時に休部となる節目の合宿でした。
3日間、彼と同じグラウンドに立ちプレーしましたが、ふとした合間に、迫る最後の瞬間を感じ、終始寂しく複雑な気持ちでした。
3日目の昨日、終了時間付近はバッティング練習でした。
この打席が最後かもしれない、この一球が最後かもしれないと思うと、込み上げてくるものがありました。
彼なりに大きく伸びた4年生の頃、時間が空けば近所の公園で練習をし、会社から早く帰宅すれば家の前で素振りをしたものです。
そんな事を思い出しながら、彼のバッティングを見守りました。
後片付けをして、グラウンド整備をして、グラウンドに一礼。
まだ大丈夫。
お世話になったコーチへ挨拶。
まだ大丈夫。
地元へ着き、皆へ挨拶。
まだ大丈夫。
その後、帰宅してから外食をする事になったのですが、そこでまさかのマルからの手紙を受け取りました。
ずっと我慢していた涙が溢れました。
思い出とお礼を読んでいると、自分の疲れや機嫌や眠気、時には天気のせいにして、練習に付き合わなかった時の事ばかりが思い出され、もっと一緒にやってやれば、もっと指導の技術を磨けば、と後悔しました。
至らない父親でごめん。
一緒に野球やってくれて、どうもありがとう。

真鶴渋滞


ETCの方が断然遅いという…。

««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»